アパートローンの基本


こんにちは。 名取です。



アパートローンは、住宅ローンの延長線上にあるものです。



主にサラリーマンのように安定収入のある方向けに、


年収と貯金額、勤務先などを総合して評価して融資するのが住宅ローンです。



自分の住む家なのだから、お金を借りて30年返済していく訳です。



それならということで、セカンドハウスローン。

別荘はどうだろう。


さらにエスカレートして、

アパートやマンションもそのロジックで融資できるのではということで、


出来たのがアパートローンです。



銀行側からすると、マイホームローンで2000万円とか3000万円を繰り返すよりも


アパートローンを1回で1億円融資した方が、

楽だし、成績もあがると考えた訳です。



さらに、すでにマイホームを所有している40代、50代の高収入のサラリーマンもターゲットにできるので、都合が言い訳です。



そこにサラリーマンでも大家さんになれる、


年金の補助的な資金を確保できるとあって、


不動産投資ブームになったわけですね。



しかし思わぬところで、落とし穴があり、


サラリーマンをやりながらやる事業としては出来る一方、


やりたいことが完全にできるというわけでもない、


ジレンマがあるわけです。

最新記事

すべて表示

最近よく聞くのは、 融資がつかない、 フルローンが出ない、 物件情報がない、 利回りが良くない・・・・・・ これは最近始まったことでもなくて、 10年前から、毎日聞く話です。 リーマンショックの後の融資がつきにくい時期も、それほどいい物件はなかったと思います。 スルガバブル期も、融資はつくけど物件がない。 と聞いてました。 私自身も、スルガバブル期は物件が高すぎて買う気にもならなかったですし、物件

不動産投資はなるべくコストカットして、コスパ良く稼ぎたいという人が多いです。 会社経営なので、コストカットは大切なことです。 しかし経費をかけるべき所にはかける必要はあります。 例えば、 合同会社は、設立コストが株式会社に比べて安いですよね。 設立費用総額は 株式会社はおおよそ30万円。 合同会社はおおよそ10万円。 株式会社でも合同会社でも 融資審査基準は変わらないのですが、 審査部に稟議を上げ